オーストラリアではコーヒーを注文するとエスプレッソが出てくる!?正しいオーダーの仕方

ケアンズ
Engin_Akyurt / Pixabay

オーストラリア旅行でぜひ飲みたいのがコーヒー。実はコーヒー先進国のオーストラリア。独自のコーヒー文化の発展で、あのスターバックスも撤退してしまった程です。

滞在中一度は飲みたいですよね?

そんな時、意外と困るのが注文方法。例えば「ブラックコーヒー」と頼むとエスプレッソだったりします。

オーストラリアではコーヒーの種類で注文することが主流です。今回はカフェで迷わないために、コーヒーの種類と注文方法をご紹介します。

スポンサーリンク

コーヒーの主な種類

ショートブラック Short Black

小さいカップで出てくる苦いエスプレッソのことです。シングル(1杯)もしくはダブル(2杯)で注文します。

Engin_Akyurt / Pixabay

ロングブラック Long Black

ショートブラック (エスプレッソ)2杯分がお湯で割られています。日本人の感覚の「ブラックコーヒー」に一番近いですが、日本のものより濃いです。

マキアート Macchiato

ショートブラック (エスプレッソ)に少量ミルクが入っています。甘くはないです。

フラットホワイト Flat White

オーストラリアやニュージーランドでは定番のコーヒー。ショートブラック(エスプレッソ)にきめ細やかに泡立てられたミルクが少量注がれたものです。ラテに近いですが、ラテよりも泡が少なく、コーヒーの風味も感じられ飲みやすいです。

ラテ Latte

エスプレッソにきめ細やかに泡立てられたミルクが注がれたもので、フラットホワイトと近いです。泡立てられたミルクの量がフラットホワイトより多く、苦みが少ないです。グラスで提供されます。

カプチーノ Cappuccino

スプレッソに温かいミルクを泡立たせたものが注がれたもので、オーストラリアではチョコレートパウダーが振りかけられているものが多いです。甘みがあって飲みやすいです。

モカチーノ Mochaccino

カプチーノにチョコレートソースを加えたものです。

アイスコーヒー Iced Coffee

暑いと飲みたくなりますよね?でもオーストラリアで「アイスコーヒー」と注文すると、エスプレッソ+ミルクの上にバニラアイス+ホイップクリームがトッピングされた「スイーツ」のようなものが出てきます。

日本のアイスコーヒーが飲みたい時は「アイス ロング ブラック」と注文して下さいね。

dMz / Pixabay

スポンサーリンク

カフェでコーヒーを注文する

オーストラリアではコーヒーと注文することはありません。種類で注文をします。「コーヒー下さい」ではなく「ロングブラック下さい」という感じです。

慣れてきたら、今度は自分好みにカスタマイズして注文してみましょう。

もっと濃いコーヒーが飲みたい方は、ストロングで注文します。例えば「ストロングラテ」
薄目がいい方は、エスプレッソの量が少なめのウィークで注文するといいです。例えば「ウィークフラットホワイト 」

そしてミルクも種類が選べます。低脂肪がいい場合はスキニー。追加料金を払えば、豆乳(ソイミルク)やアーモンドミルクなどを選べるところも多いです。

砂糖の量も1つ、2つと指定できます。例えば「ラテWith1シュガー」

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたか?ここに挙げたのはほんの一例ですが、選択肢が多すぎて迷ってしまいそうですね。

現地では日本のようなコーヒー、ロングブラックよりも、ラテやフラットホワイトが人気です。ぜひオーストラリアで自分に合った至極の一杯を探してみて下さいね。

 

スポンサーリンク
この記事を書いた人
シュガリー

『少しでも安く旅を手配したい!』
日課はチョコを食べながら、飛行機の値段を調べること。

私が調べた内容や体験したことが、誰かの役に立てばいいなと思いサイトを立ち上げました。
旅行に行く方の参考になれば幸いです。

シュガリーをフォローする
ケアンズ
スポンサーリンク
シュガリーをフォローする
Sugaryの子連れで行こう節約海外旅行!

コメント

タイトルとURLをコピーしました