【香港のコスパ最高ホテル】グッドリッチホテル!

香港
StockSnap / Pixabay

飛行機のチケットをセール価格でゲットできたので、週末弾丸旅行に出掛けてきました。

今回はその時泊まったコスパ最高ホテル「グッドリッチホテル」についてご紹介します。

週末でも1万円を切る価格で宿泊出来ますよ。

スポンサーリンク

ホテルはアクセス良好!

香港のホテルはとにかく値段が高いです。このレベルのホテルで、こんなに高いの?と驚くこともしばしば。

中心部から離れると少し安くなり部屋も広くなりますが、弾丸旅行をする場合は尖沙咀周辺や中環周辺が観光に便利です。

ご紹介する「グッドリッチホテル」は尖沙咀の1つ先の駅、「佐敦(ジョーダン)」A出口から3分。佐敦駅周辺は、飲食店が多く食を満喫できます。

また各観光地へのアクセスも良好で、佐敦駅~尖沙咀~中環の中心部を乗り換え無しで移動出来て便利です。

空港からの移動の際はエアポートバスでのアクセスも良く安くホテルに行けます。またエアポート・エクスプレスを使う場合は九龍駅から無料シャトルバスが運行されていて、ホテルの近くまで行けます。こちらは若干お値段が高くなりますが、短時間でで香港中心部に移動出来ます。

無料シャトルバスを使用する場合は「K1」ルートを利用して下さい。10分間隔で運行されています。エアポート・エクスプレスからの乗り換えは案内看板があるので、迷うことはありません。

スポンサーリンク

狭いけど価格が安い!

グッドリッチホテルは佐敦にある3つ星ホテルです。価格は2人(ダブルベッド)で平日5,000円程度、週末9,000円程度と1万以下で宿泊することができます。

繁華街のど真ん中にあり夜も人通りが絶えませんが、部屋は静かなので五月蠅くて寝れないということはありません。

フロントを一歩過ぎると、劇狭いエレベーターと廊下に香港の不動産価格の高騰が垣間見えます。こんなに狭いホテルの廊下を見たことがありませんでしたが、ワンルームで平均37万円の賃料がかかる香港では仕方ないのかも知れません。ビルが密集して立っているので火事になったりしたら大惨事になりかねません。香港でも日本でもそうですが、避難通路は念のため確認しておくと安心です。

もちろん部屋も狭いです。そして写真でも分かると思いますが、壁紙の汚れがあったりと清潔感は△です。

部屋はベッドだけでいっぱい。スーツケースを広げる場所はないので、ベットの上に広げるしかありません。本当に寝るだけのスペースですが、室内には電気ポットと冷蔵庫、無料のペットボトルの水、ドライヤーなど最低限の設備は揃っています。また無料Wi-Fiもあります。

因みにフロントにはパソコンとプリンターがあり自由に利用できます。帰りの飛行機のオンラインチェックイン等々に利用させてもらいました。

ベッドは壁に付いているので、ゴロゴロしても落ちないので、子連れには嬉しいポイント。

枕元に若干場所があるので、ハンドバックや身の回りの物を置くことができます。

写真の右手側は窓ですが眺望は望めません。ボロボロのマンションが見えます。

気になる水回りですが、トイレの奥に髪の毛が一本落ちていました。一流ホテルと比べるとどうしても見劣りする清潔感。ただしここは日本ではありませんし、3つ星ホテルなので個人的には我慢できるレベルです。

狭いので、脱いだ服を入れる場所も、風呂上がりに着る服を入れる場所もなく、扉を開けてベッドの上の服を取るのような流れになってしまいます。ベッドはダブルですが、友達同士だと狭すぎて窮屈です。

1人旅、カップル、家族(幼児ぐらいじゃないと厳しい)にオススメします。

もちろん予算に余裕があれば、リッチなホテルで快適に過ごせば良いのですが、寝泊りが出来ればいいという方におススメです。

今回の我が家の旅は、弾丸格安旅行が一つのテーマでしたので、ホテルもコスパがよくベストチョイスでした。

清潔感が気になる、狭いとマイナス点もありますが、いい点も沢山ありました。

  1. 繁華街に近い
  2. 美味しいお店が周囲にたくさんある
  3. 週末に1万を切る価格で、部屋に窓があり
  4. シャワーブースがカーテンではなくドアがある
  5. フロントの対応が〇

一通り検索をしましたが、この価格でこの条件はありませんでしたので、個人的にベストコストパフォーマンスのホテルでした。

ホテルは寝るだけでいいという方にぜひおススメです。


スポンサーリンク
この記事を書いた人
シュガリー

『少しでも安く旅を手配したい!』
日課はチョコを食べながら、飛行機の値段を調べること。

私が調べた内容や体験したことが、誰かの役に立てばいいなと思いサイトを立ち上げました。
旅行に行く方の参考になれば幸いです。

シュガリーをフォローする
香港
スポンサーリンク
シュガリーをフォローする
Sugaryの子連れで行こう節約海外旅行!

コメント

タイトルとURLをコピーしました